2018.2.18  今日の二十四節気 02.04 - 02.18 立春 七十二候 02.14 - 02.18 第3侯 魚氷にあがる(うお、こおりにあがる)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

生物多様性WEBコンテンツとフォトコンテスト

キヤノン環境サイト運営チーム

キヤノンの「生物多様性方針」に基づく具体的取組みのひとつとして、生物多様性を身近に実感すること、行動することの大切さを子ども達に「つたえる」ため、生物多様性WEBコンテンツをホームページで公開中

2015.12.01 続きを読む→

人と自然のふれあい調査

一般社団法人てるはの森の会

平成20年から8年間、宮崎県綾町4地区で「人と自然のふれあい調査」を実施。地域住民と一緒に調査し、地域の価値や生活知、思いを掘り起し、地域の再発見と地域を見つけ直すためのマップや冊子を作成しました。

2015.11.06 続きを読む→

「森のいのち」を詩と映像で残す事業

特定非営利活動法人ういむい未来の里CSO

森、里山にある豊穣のいのち、苔から山野草、昆虫、水棲生物、鳥、動物たちのいのちの連鎖。それを、子どもたちに伝え、森を歩き、いのちに触れ、森のすばらしさや奥深さを詩で表現し、詩の朗読を映像で残す活動。

2015.11.06 続きを読む→

田んぼの生きもの調査

全国農業協同組合連合会 広報部

全農は田んぼの生きものに触れることを通じ、農業と生物多様性保全の大切さを学ぶ「田んぼの生きもの調査」の活動に10年にわたり取り組んでいます。また、2013年からUNDB-Jに参画しています。

2015.11.06 続きを読む→

いちえふ沖海洋調査

いわき海洋調べ隊・うみラボ

福島第一原子力発電所沖の海洋調査や 福島の海を伝えるイベントの企画を行っています。また、ブログを通じた情報発信にも力を入れています。

2015.11.06 続きを読む→

JAL Happy Eco Project

日本航空株式会社

JALグループでは、日本の美しい自然を将来の世代に繋げていくために、航空輸送事業を通じて、さまざまな形で生物多様性保全に関わる情報発信と啓発活動を行っています。

2014.11.17 続きを読む→

ズーオリエンテーリング

埼玉県こども動物自然公園

生きものの特徴や生態などを、スタンプを集めハンズオンを行いながら学べます。今回は生物多様性をテーマとして「ぼくらはみんなといきている」と題して行いました。

2014.11.17 続きを読む→

お台場の海について

聖心女子学院初等科 MA・A

お台場の海、江戸前ずしのおすし屋さんでのフィールドワーク、図書館の本で調べたことやインタビュー内容をまとめて、自分には何が出来るかを考えました。

2014.11.14 続きを読む→

コウノトリ米を食べて豊岡の田んぼを守る!

世界一田めになる学校 豊岡クラス

「コウノトリ米を食べて豊岡の田んぼを守ろう!」と考えた小学生が行動を開始。自ら考案したキャラクター「こめつぶお」くんのポスターをつくったり、校内放送で呼びかけたり、アンケートをしたり。遂には…!?

2014.11.14 続きを読む→

エコマジシャン ミヤモ

エコマジシャン ミヤモ

本業がプロマジシャンという職業を活かして、エコマジシャンとして、エコマインドとエコ活動の普及啓発を兼ねた「エコマジックショー」を2010年からスタートしています。

2014.11.14 続きを読む→

スティル 〜進化した絶滅種〜

アウリンコ

「スティル」は絶滅した動物をモデルに、新たに進化したキャラクターたちの集まりであり、同時に絶滅種や絶滅危惧種、これからの地球・環境のことを考え、行動することを総括した呼称です。

2014.11.14 続きを読む→

生物や文化の多様性を体感するワークショップ「宇宙箱舟ワークショップ」

宇宙箱舟製作委員会

「宇宙に引っ越しするなら、どんな動物つれていく?」こんな問いから始まり、生物多様性、文化の多様性に関する様々な科学的、社会的課題を子どもから大人までが楽しみながら考えるのが宇宙箱舟ワークショップです。

2014.11.14 続きを読む→

土地に根ざした学びの場・まるやま組

まるやま組

能登の里山「まるやま」に今も息づく豊かな生物多様性と伝統的なくらしの知恵。本当の豊かさを求めて、人が出会い、学び合い、そして緩くつながり、やがて組になりました。まるやま組は土地に根ざした学びの場です。

2014.11.14 続きを読む→

生物多様性保全

特定非営利活動法人 ボルネオ保全トラスト・ジャパン

ボルネオ島での野生生物保全活動に取り組みながら、パーム油を取り巻く環境についての教育活動を日本で行っています。専門書の発行やワークショップでパーム油を通して地球の環境問題を考える取組みを広めています。

2014.11.14 続きを読む→

奥羽自然観察会

カタクリの会

1990年1月から西和賀町で毎月一回奥羽自然観察会の開催。今年で24年、8月で284回を数え、参加者は9千名を超えます。隔月にカタクリ通信を発行し、140号まで発行。購読者は全国に300名です。

2014.11.14 続きを読む→

京都駅ビル環境共生推進プロジェクト

京都駅ビル開発株式会社

京都駅ビルに緑化施設(緑水歩廊)を設置し、京都市におけるエコロジカルネットワーク形成のトリガー機能を果たすとともに、情報発信のポテンシャルの高さを活かし、生物多様性に関する普及啓発に取り組んでいます。

2014.11.14 続きを読む→

図書館で「生物多様性の本箱」が読めるよ TRC普及啓発プロジェクト

株式会社図書館流通センター

図書館に「生物多様性の本箱」を利用できる環境をつくり、子どもや大人に生物多様性を知ってもらう普及啓発活動です。本を軸に、お話し会や講演会などを通して、図書館で生物多様性の大切さを伝え、学び、行動するための情報支援で安心して暮らせる地域づくりを目指します。

2014.11.14 続きを読む→

みんなで作る魚図鑑

株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン

「みんなで作る魚図鑑」は、世界最大のダイビング教育機関PADI(パディ)による、海の生きものの写真を集めたオンライン図鑑です。

2014.11.14 続きを読む→

紙芝居、絵本を活用した判りやすい環境教育

海と空の約束プロジェクト

子ども達や無関心層に判りやすい環境教育を行うため環境絵本「海と空の約束」を出版。兵庫県立大学のサークルなどと共に国内外で多様なセクターと協働して紙芝居や絵本を使った環境教育活動を行っています。

2014.10.23 続きを読む→

グローバル64拠点で取り組む生物多様性保全活動と主流化への貢献

東芝グループ

グローバル64拠点で生物多様性保全活動を展開。2015年までに全拠点でビオトープを整備することを目指しています。生物多様性の主流化への貢献も視野に入れて、世界各地で従業員家族や地域住民と連携しています。

2014.10.23 続きを読む→

「渋川いきものがたり」〜ふるさとのすばらしさを伝えよう〜

渋川いきものがたり作成支援委員会

渋川いきものがたり作成支援委員会は、渋川小学校の全校児童の「生きもの学習」をサポートする組織です。子どもたちが「渋川生きもの絵図」、「渋川いきものがたり紙芝居」を制作する活動を支援してきました。

2014.10.10 続きを読む→

海辺の環境教育フォーラム2012 in ふくしま

海辺の環境教育フォーラム

「心に海をとりもどそう!」をテーマに、第11回海辺の環境教育フォーラムが、2012年6月8日(金)〜10日(日)に福島県いわき市にあるアクアマリンふくしまで開催されました。

2013.12.12 続きを読む→

朝の散歩中に出会った生き物(フェイスブック)

お散歩オジサン

ほぼ毎日、朝の散歩中に出会った生きものの写真をfacebookに掲載しています。自宅から2km四方ほどの狭い範囲に次々と現れる生きものの種類の多さを皆様にお伝えしています。

2013.12.12 続きを読む→

映像作品「いきものがたり」上映活動

一般社団法人Think the Earth

デジタルブラネタリウム映像「いきものがたり」は、迫力あるドーム型映像で体感する生物多様性啓発作品です。全国20館以上で上映されている他、自主上映ブログラムを作り、企業や地域、学校などで活用されています。

2013.12.12 続きを読む→

世界一田めになる学校プロジェクト

田めになる学校プロジェクト委員会

田めになる学校は、未来を担う子どもたちの視点で地域の田んぼと生物多様性の大切さを伝える、豊岡市・大崎市・佐渡市の共同企画です。2010年から東京大学、各地NPO、企業など、多様な主体と連携しています。

2013.12.12 続きを読む→

絵本で学ぼう!子供たちへの環境教育 〜環境絵本「MAEDAの森の課外授業」シリーズ(1〜5巻)の制作〜

前田建設工業株式会社CSR・環境部

前田建設では、未来を担う子どもたちへの環境教育が重要であると位置づけています。その一環として、「森」を中心とした環境教育の絵本全5巻を制作しています。2013年現在、第2巻まで制作が終わり、第3巻の制作中です。

2013.12.12 続きを読む→

環境出前授業

株式会社島津製作所 え〜こクラブ

絶滅危惧種を題材にしたオリジナルカードゲーム「bidi」を用い、小学校への環境出前授業を行っています。より身近な問題として生物多様性の重要性を学んでもらう島津製作所「え〜こクラブ」の活動です。

2013.11.03 続きを読む→

EV搭載バッテリーを電源とする生物多様性テーマの エコ・ビジュアルコンサート

NPO法人 海の森・山の森事務局

日本の海、川、山という水を取り巻く環境保全の大切さを映像と音楽の生演奏で伝えるビジュアルコンサートです。プロジェクター、音響機器などの電源をEV搭載バッテリーでまかない、エコを貫きます。

2013.11.03 続きを読む→

海岸林再生活動

ゆりりん愛護会

東日本大震災で被災した閖上(ゆりあげ:宮城県名取市)海岸の生き残りのマツからマツカサを採取して、京都府立緑化センターに送付しています。そこで育てられたマツ苗を里帰りさせ、海岸林の再生に備えています。

2013.11.03 続きを読む→

COP11 YOUTH LEADER PROJECT

JUNEC(こども国連環境会議推進協会) チーム 365×3

環境教育NGO団体の中でこのチームを結成しました。主に食と生物多様性の関係の気づきを提供するワークショップを実施しています。その他にエコ給食レシピの提案や環境イベントでの発表も行います。

2013.11.03 続きを読む→