2018.12.18  今日の二十四節気 12.07 - 12.21 大雪 七十二候 12.17 - 12.21 第63侯 鮭群がる(さけ、むらがる)
アクション大賞に入賞した全国各地の活動をご覧ください
(2017.12月現在 273事例)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

生物多様性アクション大賞2018 環境大臣賞・農林水産大臣賞決定!

2018年度の生物多様性アクション大賞の環境大臣賞・農林水産大臣賞が決定しました!
環境大臣賞にはたべよう部門「地域循環型野菜を地域共通ブランドに!」(おかえりやさいプロジェクト)、農林水産大臣賞にはまもろう部門「自分たちの地域と畑は自分たちで守る くまもと☆農家ハンターの野生鳥獣対策」(くまもと☆農家ハンター)が選ばれました。おめでとうございます!

2018.12.9 続きを読む→

生物多様性アクション大賞2018 審査結果

【結果発表!】
環境大臣賞、農林水産大臣賞を除く、優秀賞、特別賞、審査委員賞、入賞がそれぞれ発表されました。受賞した皆さま、おめでとうございます!

応募いただいた全ての皆さまに心より感謝申し上げます。

2018.11.9 続きを読む→

生物多様性アクション大賞2018 募集開始しました!

生物多様性アクション大賞は「国連生物多様性の10年」の日本における広報活動の一環として2013年にスタートし、今年は6 回目を迎えました。

2018.7.23 続きを読む→

生物多様性 5つのアクション

2010年に名古屋で行われた生物多様性に関する国際会議で、生物多様性の大切さを世界中の人が知り、行動することで、少しでも早く、人と自然が共生する社会を実現しようと、2011年から2020年までを「国連生物多様性の10年」とすることが決められました。

日本でも「国連生物多様性の10年 日本委員会」が組織され、本格的に活動が始まりました。でも生物多様性を大切にするために、普段の暮らしの中で、どんな行動をすればよいのか、よくわかりませんよね?

そこで、子どもから大人まで、誰もが「生物多様性を大切にする行動」が気軽にできるように、一般社団法人CEPAジャパンの提案で、日々の暮らしの中で実行できる5つのアクションを、「国連生物多様性の10年日本委員会」が定めました。それが、このサイトで紹介する「生物多様性 5つのアクション」です。本サイトでは、この5つのアクションを指針にしながら、各地で行われている活動を紹介していきます。

続きを読む→