2017.4.25  今日の二十四節気 04.20 - 05.04 穀雨 七十二候 04.25 - 04.29 第17侯 霜止んで苗出ず(しもやんで、なえいず)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

まもろう 

小網代の森の生物多様性の回復

特定非営利活動法人小網代野外活動調整会議

http://www.koajiro.org/

神奈川県小網代の森において、神奈川県、三浦市、(公財)かながわトラストみどり財団と協働して森の維持管理、魅力化を進めています。とくに川の流れを制御して湿地の回復を進めるとともに、川面に光を入れ、生物多様性の回復を進めています。

特定非営利活動法人小網代野外活動調整会議は、神奈川県が所有する「小網代の森」の自然の維持管理作業を、県・三浦市・かながわトラストみどり財団と協働して推進しています。

小網代の森は、1960年代前半までは地元の方々が水田や薪炭林として利用していました。その後、地域一帯に開発計画が立ち上がり、薪炭林と水田は20年ほどで「手つかずの自然」に戻りました。その小網代の自然の大規模リゾート開発が本格化しようとしたのが1980年代前半です。地元の要望もありましたが、一方で、首都圏唯一の完結した流域生態系である小網代の自然を失うのはあまりに惜しいことから、森の保全を前提とした新しい開発計画をつくりました。また、環境教育やエコツアー等観光資源としての活用を提案する地元市民や学識経験者が集まり、保全活動が始まりました。

1995年には、神奈川県が小網代の森の保全方針を表明し、2005年には国土交通省・国土審議会が小網代の森全域を近郊緑地保全地域に指定しました。2011年には地域の大半(65ha)が近郊緑地特別保全地区にも指定され、全域70haの保全が確定しました。

小網代野外活動調整会議(当時は任意団体)は、1980年代半ばより保全のプロセスを支えた複数の団体からメンバーが集まり、1998年5月に組織されました。小網代の森の利活用に関する基本合意を確認した後には、かながわトラストみどり財団と連携しつつ、保全活動を継続してきました。2001年度以降は、5年間にわたって「かながわボランタリー活動推進基金21」をうけ、神奈川県と協働して小網代の森保全のための各種パトロール、アカテガニビオトープ整備事業等の事業を推進してきました。

2005年夏にはNPO法人格を取得し、2006年4月の協働事業の終了以後も引き続き、神奈川県ならびにかながわトラストみどり財団と協働して、小網代の森維持管理のための各種事業を推進しています。