2019.9.22  今日の二十四節気 09.08 - 09.22 白露 七十二候 09.18 - 09.22 第45侯 燕去る(つばめ,さる)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

たべよう えらぼう 

「お客様の健康」と「自然環境」に配慮されている生産者の方をご紹介するイベント「あじなお居酒屋day」の実施

和食 こころ味あじなお

http://ajinao.com/

「お客様の健康」と「自然環境」に配慮されている生産者にご参加頂き、その生産物で作った料理とトークで楽しむイベントを実施しています。
おいしく楽しく食べることが、生産者を応援する事にも繋がるように、と考えて行っています。


東京都の無農薬自然栽培農家・井垣貴洋さんを迎えて楽しく

日本の豊かな水と風土と文化が育んだ地域色豊かでかつ食材も豊富な「和食」。
国内でとれる多様で新鮮な農産物・海産物を厳選して用い、2003年より和食店として営業してきました。
「おいしく」を追及していたら「体に良い」に行き、さらに「自然」にたどり着いた。
しかし、私たちの食は自然から切り離されていると感じ、無農薬の野菜を使う、添加物は使わない等食材の見直しを行いながら、様々な学びと経験を積みました。
自然と最も近いところにいる生産者の方との繋がりの重要性を感じ、近隣の農家さん・漁師さんとできるだけ直接取引し、より深く理解することを大切にするようになりました。
農家さんとの対話の中で、一般には知られていないけれど大事だと考える「自然環境問題」や「健康問題」に関する情報が多数あることを知りました。それらをお客様に伝えて共有していきたいと考え、また多くの方に生産者の方を知っていただきたいと思い、始めたイベントが「あじなお居酒屋day」です。
月1で行い、現在18回目を数えています。無農薬・無化学肥料・自然栽培・無投薬等、「消費者の健康」と「自然環境」に配慮されている近隣の生産者にご参加いただき、その生産者の生産物で作るイベント限定料理を皆で楽しんでいます。
トレーサビリティの明確化を行いながら行い、特に意識していることは、素材が良いので生産物そのものを実感していただく簡易な調理。
製造原価を下げることで、ご利用しやすい価格でご提供し、気軽にお召し上がりいただくことです。(和食職人が気軽な居酒屋風料理を作るので「居酒屋day」です)
生産者の方のお話を聞いたり、身近に感じていただいて懇親する。
生産物を、おいしくたのしく食べることで応援する。
そこで生産者と消費者の繋がりが生まれる。
生産物の背景を知るきっかけが生まれる。
その先に豊かな日本の自然があることに気づいていただけたらと考えています。
もっと自然を知り、おいしいと体に良いを実践していき、和食を通じて人々の健康と環境保全に貢献していきたいです。


神奈川県の有機農家さんに生産物について質問するお客様