2017.11.23  今日の二十四節気 11.22 - 12.06 小雪 七十二候 11.22 - 11.26 第58侯 虹蔵れて見えず(にじ、かくれてみえず)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

ふれよう 

ぼくらは里地里山探検隊

特定非営利活動法人エコパル化女沼

http://blog.goo.ne.jp/ecopal-hisikui

ラムサール条約登録湿地の化女沼で、2009年7月から湿地の保全と「ワイズユース」を行っています。東日本大震災の被災地の子どもたちのために、自然の不思議や生き物のたくましさを気付かせる「里地里山探検隊」を毎月開催しています。

2008年10月30日にラムサール条約登録湿地に指定された化女沼の保全のために、周辺の4つの集落(長岡、清滝、富永、宮沢)から2名ずつ代表が出て、NPO法人エコパル化女沼を2009年7月23日に設立しました。主な活動内容は、化女沼の環境調査や環境保全です。また、「ワイズユース」として、自然の中で遊ぶ機会が少なくなった子どもたちのために、自然の不思議や生きもののたくましさを気付かせ、子どもたちの五感をくすぐる「里地里山探検隊」を毎月開催しています。

「里地里山探検隊」では、化女沼の四季に応じた里地里山の自然体験(山菜・野草採り、ホタル観察、外来魚撲滅大作戦、ヒシの実・ハスの実採り、昆虫採集、キノコ・木の実採り、渡り鳥のねぐら入り・飛び立ち等)を子どもたちに楽しんでもらっています。

「里地里山探検隊」の子どもたちは、自然の中の小さな生きものの姿を見るために喜々としています。土の中から得体の知れない虫がモゾモゾとたくさん出て来たり、カタツムリがキノコを食べていたり、カナベビが猛スピードで逃げ出したり、ヘビが首を持ち上げていたり、大きなミミズが伸び縮みしながら土の中から出てきたり、山にいる小さなカエルが女の子たちの人気になったりして、みんな大騒ぎになります。山菜・野草は揚げて天ぷらに、ヒシの実は煮て、キノコはお吸い物に料理して、子どもたちに食べてもらっています。 

また、探検隊の活動を通して、小さな昆虫や魚、植物を通じて、命の大切さを伝えていきたいと考えています。

「里地里山探検隊」は親子で参加してもらうのが原則です。帰宅後に「里地里山探検隊」で起こったことを思い出し、分からなかったことを親子で一緒に調べることで自然に対する理解を深め、新しい発見をしてもらいたいと考えているからです。また、家庭内での楽しい会話で、親子の絆をより一層深めるきっかけにしてもらいたいと考えています。