2018.10.21  今日の二十四節気 10.08 - 10.22 寒露 七十二候 10.18 - 10.22 第51侯 蟋蟀戸に在り(こおろぎ、とにあり)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

ふれよう 

生き物図鑑読み放題サイト 図鑑.jp

山と溪谷社 図鑑.jp

https://i-zukan.jp/

複数の出版社が出版している中上級者向けの生きもの図鑑を電子書籍にして、ジャンルごとに読み放題にするウェブサービスです。2017年12月時点で、「植物」と「野鳥」「菌類」の3ジャンルで、合計6社2機関32冊の図鑑を収録しています。

図鑑.jpは、日本の生物を「きちんと調べて」「正しく分かる」ことを目的とした電子書籍図鑑の読み放題サービスです。出版社だけではなく、博物館やNPO法人の発行物を含め、現在6社2機関の発行する中上級者向けの生物図鑑を中心に「植物」「野鳥」「菌類」の3コースを年額と月額の会費制制で展開中です。

植物コースは、山と溪谷社の図鑑をはじめ、文一総合出版、全国農村教育協会、神奈川県立生命の星・地球博物館の3社1機関の全15冊(総ページ数8656ページ)、野草から樹木、帰化植物や水草に特化した専門図鑑、種子や実生の図鑑も掲載されています。野鳥コースは文一総合出版、平凡社、誠文堂新光社、保育社、山と溪谷社、そして、NPO法人バードリサーチの5社1機関の全12冊(総ページ数4264ページ)で、一般的な野鳥観察用の図鑑から、猛禽類や羽根に特化したものや生態解説に重点を置いたものまで含まれています。菌類コースは山と溪谷社、保育社、誠文堂新光社の5冊となっています。図鑑の総ページ数は、植物と野鳥、菌類を合わせて約1万5000ページで、1万種種近い種類が掲載されています。

これらの図鑑を読み放題として、その図鑑群を和名、学名、科名で横断検索することができ、図鑑から別の図鑑に容易にジャンプすることができるサービスになっています。ウェブサービスなので、通信環境は必要ですが、野外でもタブレット、スマートフォンで閲覧可能で、手軽に専門図鑑を閲覧できるのも大きな魅力です。

また、ユーザからの質問や観察報告を投稿してもらう「掲示版」を設けることで、図鑑閲覧以上の情報を得られるようにし、ユーザの「生物についてもっと知りたい」という気持ちに応えています。合わせて、オリジナルコンテンツとして、「図鑑追補」「コラム」を加えることで、図鑑の内容を補完し、その先の生物多様性情報も提供しています。2018年内には昆虫や両生爬虫類、淡水魚にジャンルを拡大し、最終的には日本のすべての生物を調べることができる究極の図鑑を目指しています。