2018.8.22  今日の二十四節気 08.07 - 08.22 立秋 七十二候 08.18 - 08.22 第39侯 濃霧たち始める(のうむ、たちはじめる)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

まもろう 

エコミーティング ~建設業における環境活動~

株式会社加藤建設

http://www.kato-kensetu.co.jp/eco.html

自然と共生できる社会に向けて実施しているミーティングです。受注した建設工事において、自然環境を守り回復する為に、どのような配慮・対策および工夫が出来るかを検討・提案・実施しています。

弊社は愛知県海部郡に本社を置き、公共工事を中心に事業を営む建設会社です。近年、特に市街地において開発が進み、田んぼや用水路、雑木林といった、気軽に自然と触れ合える場所が減少しています。自然破壊とイメージされがちな建設業ですが、むしろ自然を守り回復させられるのは建設業の技術ではないかとの思いから、エコミーティングという活動を開始しました。

エコミーティングは、受注した工事において、周辺環境の生態調査、植生調査を始め、自然環境を守り回復するためにどのような配慮・対策および工夫ができるかを検討・提案・実施するものです。多様な目線で環境保全を考えるため、現場担当者や技術系社員のみならず、営業社員、女子社員も参加し、環境保全に対するアイデアを出し合い、実施に向けて検討します。

また自然環境についての知識を取得し環境に配慮した土木工事を提案・実施するため、ビオトープ管理士資格の取得を推進しています。現在128名の社員がビオトープ管理士となり業務を行なっています。ビオトープ管理士資格の取得により、社員の個々の環境知識・意識が向上し、自然を守る建設技術者として、より的確な自然環境配慮・提案を実施できています。

将来的には建設業だけでなく、工事を行う際には地域の方や発注者と共に環境を豊かにするアイデアを出し合えるような、地域と一体になった活動を目指します。建設業は自然を守る技術者として地域から頼られる存在でありたいと考えています。

※2018年3月末 ビオトープ管理士140名