2019.8.21  今日の二十四節気 08.08 - 08.22 立秋 七十二候 08.18 - 08.22 第39侯 濃霧たち始める(のうむ、たちはじめる)
生物多様性5つのアクションたべようふれようつたえようまもろうえらぼう

ふれよう 

JTB地球いきいきプロジェクト

株式会社JTB

https://www.jtbcorp.jp/jp/csr/clean/

JTB地球いきいきプロジェクトは、観光地での清掃や地域文化とのふれあいを通して元気な未来を創造していく活動です。環境美化や様々な交流を通じ「地域を元気に、人を笑顔に。」生物多様性の保全に取り組んでいます。


慶良間諸島の自然の素晴らしさや海洋環境保全の意義を学ぶ

「JTB地球いきいきプロジェクト」は、1982年にスタートした「観光地クリーンアップキャンペーン」を起源としながら、より地域の特色を生かした活動として発展させるべく、2012年の創立100周年を期に活動内容を再定義したものです。

活動の特徴は、お客様、自治体・NPO・大学・企業等の地域の方たちとJTBグループ社員がともに活動し、日本全国に留まらず世界各地で元気な未来を創造している点にあります。年間を通して国内・海外合わせ約70プログラムを実施しており、近年では継続的な植樹プロジェクトや登山道の補修、サンゴの日にあわせたビーチクリーンナップといった自然環境保全の他、国立公園を舞台に「自然を活用しながら保護する」といった観点から野生動物や自然と親しむ活動、絶滅危惧種に指定されている希少動植物の保存や生育環境の整備、イノシシの被害や駆除対策を学びつつ、駆除後の猪肉をジビエとして地域資源化していくプログラムなど、生物多様性の保全につながる活動に、多くの地域で取り組んでいます。

また、これまで培ってきたJTBグループの知見やネットワークを活かした歴史や地域固有の文化の学習体験、震災後の農業放棄地を利用したコットン栽培による福島県いわき市での復興支援、さらには地球温暖化や食品ロスの減少といった地球規模での社会課題をテーマとしたプログラムも増えており、SDGsに向けた多彩なプログラムへと発展しています。


植樹活動を通じて、モトゥタプ島(NZ)の環境保全に貢献